2011年の東日本大震災によって日本人は大きな傷と悲しみを負いました。
未だ悲しみは続いており、傷は癒えていません。
原発の放射能問題など、解決の糸口は見つかっていませんが、人は前を向いて生きていかなければなりません。
3.11をきっかけに謙虚になり、自分たちのライフスタイルを見つめ直した人たちがいます。
一組の夫婦にフォーカスしたこのフィルムは、そんな日本人の存在を世界の人たちに伝えたいという思いで制作されました。

Share: Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterDigg thisGoogle+Share on LinkedInEmail to someone